子宮筋腫と漢方

 
婦人病と言われるような病気と漢方はとても相性が良いと言われています。
女性の体は、ホルモンの分泌と地の目食いrに支配されていると言っても過言ではありません。

この二つの働きは密接に絡んでいて、冷え性を直したら生理が順調に起こるようになったり、便秘を治したら、肌にうるおいが出て女性らしくなったりなど、ホルモンと血液の循環を性状に治して行けば、実は簡単にコントロールできることが多いそうです。
たとえば、私もそうだったのですが、子宮筋腫の原因はまだはっきりはしていません。

ですが、閉経をむかえると、筋腫が消滅するように、筋腫と女性ホルモンが密接に関係しているのは確かだそうです。

子宮筋腫になると、まず、月経困難症や、月経過多、さらに貧血、めまい、ふらつき、倦怠感、冷え性、などなど、いろんな症状が出ます。
従来では筋腫が大きくなると、手術で摘出します。私もも手術しました。

ですが、最近では、なるべくなら摘出しないという方法がとられることが多くなっています。
というのも、出産を経験しない若い女性に子宮筋腫が増えているからということがあります。

子宮筋腫は漢方では、下腹部の血液の循環が滞っていることによって起こるとされます。

ですので、東洋医学では、子宮筋腫を手術で摘出することではなく、体全体の血を整えることで治すそうです。

http://xn--7gqsnk02bxiigg331ft8b.net/

Comments are closed.